#
インプラント専門チーム医療
各分野におけるスペシャリストの高い技能を結集し、一人の患者さんのためにチームを組んで治療にあたっています。
#
インプラント専門医
日本歯科医学会から唯一公認されている日本口腔インプラント学会。院長は、専門医・指導医として認定されています。
#
専用オペ室完備
手術の成功のためにはクリーンルームである手術室の確保と、感染防止のための徹底した衛生管理が必須となります。
選ばれる理由tittle
#
痛みとストレスの少ない治療
日本歯科麻酔学会認定の専門医である歯科麻酔医が、静脈内鎮静法と術中の全身管理を行っております。
#
世界標準の設備
歯科用CTをはじめ世界標準の設備と材料を使用することで、より高度で安全な治療を提供することが可能です。
#
徹底した衛生管理
世界基準の滅菌システムを導入しており、清潔な治療環境を提供することが最重要課題と考えております。
もう悩むことをやめませんか?

「以前より、歯が無くて困っていた」
「もう長くはもたないと言われた」
「入れ歯しかないと言われた」
「入れ歯がどうも合わない」
というお悩みの方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。
ただ、インプラント治療がいいと思ってはいるが、インプラントに対して不安、怖いと思っている方は多くいらっしゃると思います。
そんな方はぜひ「今不安に思っていること」など、何でもお気軽にご相談ください。

インプラント治療に興味のある方、不安、怖いとお考えになっている方は、是非一度、当歯科クリニックにご相談ください。

インプラント治療で

難症例のケースにも当歯科クリニックでは対応可能な高度な技術を備えております。ほとんどの場合でインプラント治療が可能です。

入れ歯で
ごあいさつ
アイ・ティー・デンタルクリニック
院長 飯島俊一

初めまして、千葉県の市原市、木更津市、君津市に隣接する袖ヶ浦市の歯医者アイ・ティー・デンタルクリニック院長の飯島俊一です。
主に千葉県の袖ヶ浦・木更津・市原でインプラントを取り扱う歯科医院の院長をしております。私たちは近隣にお住いの皆様に、健康的で笑顔に溢れる日常生活を送っていただくたき、快適で迅速にクオリティーの高い治療結果を提供し、高い満足を得ていただけるよう考えております。
診察前後はなるべく患者様の不安やお悩みを取り除くことを心掛けております。その為に診察前には、パソコンや模型を用いて治療内容・検査内容をより詳しくわかりやすくご説明し、ご納得していただいたうえで受けていただきます。
袖ヶ浦・木更津・市原では珍しい歯科用CT等の機器を用いることで、より精密な診断を行うことが可能です。最大限に患者様の希望に沿った治療をするために、いろいろなインプラントの準備をし、最適のマテリアルを最適の方法で患者様に施術し、患者様の考える希望の治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。
袖ヶ浦・木更津・市原にお住いの皆様に、また袖ヶ浦・木更津・市原以外の皆様に、健康的で笑顔に溢れる日常生活を送っていただけるよう、歯の治療はもとより心身ともに寛ぎ、元気を取り戻して頂けるような歯医者を目指しております。

tag4

歯や口腔は、摂食、咀嚼、嚥下や発音、表情づくりなど、人が生きていく上で大きな役割を果たしている器官であり、口腔の健康は全身の健康にも影響を及ぼすと言われています。インプラント治療とは、診療費用を全額自己負担する自由診療ではありますが、残存歯への負担や侵襲がより少なく、審美的な回復も可能である等の利点から、歯が欠損した場合に生活の質(Quality of life:QOL)を向上させることができる有効な治療法です。

平成16年国民健康・栄養調査結果によると、歯が抜けたところの治療法としてインプラントを装着している人の割合は10.2%にのぼっており、平成20年医療施設調査結果によると、全国の歯科医療機関の21.5%でインプラント治療が行われています。一方、全国消費生活情報ネットワーク・システムには、歯科インプラント治療により被害を受けたという相談が増加傾向にあります。相談内容の多くが、治療上生じた問題によって日常生活にまで影響が及んでいるという相談が目立っています。長きに渡ってインプラント治療に携わってきた者として、大変心苦しい状態になっております。

今ある問題をきちんと伝える責任が私達にはあります。
そして正しいインプラント治療が一人でも多くの患者さんにお届けできるよう、様々なこだわりを持ってインプラント治療と真摯に向き合い、最適なインプラント治療をご提供し、こういったトラブルを回避、再発防止、修復できるように今後も誠実に歯科業界、インプラント治療と携わっていきたいと思います。

将来を見据えた治療計画

患者さん一人一人、求めているもの、希望されるものは違います。
あなたにとって必要な治療方法など丁寧に説明し、あなたの希望をお聞きし、あなたにとってベストな治療を提案していきます。今まで、治療で嫌だと感じたこと、不安に思ったこと、気軽に何でもお話し下さい。
私たちと一緒にあなたの大切な健康のことを、考えていきませんか?

インプラントへのこだわり

インプラント治療は、人の体内にずっと入れるものです。患者様一人一人の症状や顎の状態に合った、最適なインプラントを、将来にわたって、出来る限り長持ちするであろう高品質なインプラントを選ぶべきです。
我々、アイティーデンタルは、一つとして同じ事の無い様々な症例に対してベストなインプラント治療をご提供できる、万全の体制を整えております。

安心のメンテナンス

ご自宅の歯磨きではきちんと磨いているつもりでも、どうしても磨き残しが生じ、プラーク(歯垢)が溜まってしまうもの。
そんな磨き残しを取り除くため、定期的に来院していただき、プロフェッショナルケアを受けていただきます。インプラントや歯肉の状態、噛み合わせなどのチェックを行います。大切なインプラントを長持ちさせていきましょう。

難症例への対応

東京歯科大学での教授職および卒後臨床研修施設としての認可や世界的インプラントメーカーのインストラクター、海外の学会参加や講演など他の歯科医院では追いつけない程の最新の技術や情報が常に集まり、どのような歯科疾患にも対応でき、理想の状況にあう様々な治療方を用意し、患者様の希望、健康状態、ライフスタイルに合わせた治療を実践できるようにしております。

あなたのお話を聞かせてください

歯科疾病に関係する悩みを解決し、生活の向上を追求し、
すべての患者様の幸福を求めていきます。
1980年よりインプラントを使用して、欠損補綴を行うようになりましたが、
インプラントの治療法は、その高い成功率を獲得でき、
長い使用が可能になりましたが、そのためには、
患者様に最も適した、診断結果と、その施術が必要です。

そこで私は、さらなる向上のため、東京歯科大学にて臨床教授にもなり、
毎年行われるヨーロッパインプラント学会、
二年に一回行われるIDS等積極的に活動しております。
患者様の要望に添って、最高の治療をめざし、治療にあたりたいと思います。

患者様に、快適で迅速にクオリティーの高い治療結果を受けていただき、
高い満足を得ていただけるように、最大限の努力をいたします。
インプラント治療がむずかしいと言われ治療を断念された方
インプラント治療を不安に考えている方
入れ歯でお悩みの方も一度ご相談にいらして下さい。

 

不安な方

インプラント治療に興味のある方、
不安、怖いとお考えになっている方は、
是非一度、
当歯科クリニックにご相談ください。

断られた方

難症例のケースにも当クリニックでは
対応可能な高度な技術を備えております。
ほとんどの場合で
インプラント治療が可能です。

入れ歯の方

入れ歯の方で、痛みや違和感、
うまく噛めないといった
お悩みの方が多くいらっしゃいます。。
これらを解決できるのがインプラントです。

不安な方

「インプラント治療は怖い」というイメージをお持ちではありませんか? 確かに一般治療と異なり、専門性の高い治療ですので、不安になることは無理もありません。しかし実は骨の中には知覚神経がなく、適切な手技と清潔な設備の中であれば、インプラント治療はそれほど痛みを伴う事も無く、安心して受ける事ができる素晴らしい治療方法なのです。

  • オペ中も安心
  • オペ後も安心
  • 血圧も安心
  • 麻酔で安心

当院の熟練した歯科医師が、麻酔をしますので、術前の麻酔もほとんど痛くありませんし、術中も痛みが出ることはまずありません。もし長時間に及ぶ手術で、麻酔が切れないよう対応してまいりますので、ご安心下さい。

術後も痛みや腫れが大きく出ることはありません。もし、腫れが出ることがあっても、その時にもきちんと消炎鎮痛剤、抗生剤を飲んでいただければ早い段階で収まることがほとんどです。

術前、術中に、生体情報モニタにて、血圧、脈拍などを測定し、状態を確認しながら行いますので、ご安心ください。もし、その日 体調が悪く血圧、脈拍などが異常に高い場合は、体調を考慮しオペは致しませんので安心してください。

麻酔専門医による静脈内鎮静法は、安全性も高く、恐怖心からも解放されます。当院では麻酔科専門医がインプラントオペに立ち会い、全身管理をしながら、インプラント治療の処置を進めていきます。

断られた方

他院でインプラント治療を断られた方は多くいらっしゃるはずです。「骨が細い」「骨の高さが足りない」「骨がない」など様々な要因で、インプラントの埋入を断られたことと思います。ですが、その判断基準は処置を行う歯科医師の技術レベルによって異なります。もし、他院でインプラントを断られ、お困りの方はまずご相談ください。

  • 細くても安心
  • 足りなくても安心
  • 難症例も安心
  • 歯科用CTで安心

インプラント治療は、歯を失ってしまった部分の顎の骨にインプラントを埋め込む手術を行います。そのため、土台となる顎の骨の状態は非常に重要なポイントとなります。インプラントを埋め込む場所の骨が足りない場合は、「インプラント治療はできない」と診断されてしまうケースがあります。

長期間、入れ歯やブリッジを使っていると、次第に骨が痩せていきます。また、歯周病が進行すると顎の骨が溶かされてしまい、老化によっても顎の骨は薄くなっていきます。こういった状態だと、インプラントを埋入できないか、埋入できたとしても安定させることができず、すぐに抜け落ちてしまうこともあるのです。

当院では、難症例のインプラント治療にも対応しています。骨の量が足りない場合には、骨の量を増やす・補う特殊な技術を用いて手術を行っています。アゴの骨が足りない・少ないという理由で、他院でインプラント治療を断られた患者様も、当院ではインプラント治療を成功させていますのでぜひご相談ください。

入れ歯の方

「痛い」「噛めない」「外れやすい」

こんな入れ歯のお悩み抱えていませんか?
長い間同じ入れ歯を使い続けると、次第にお口に合わなくなってきます。
合わない入れ歯を我慢して使い続けると、歯ぐきがやせ細ったり炎症を起こすなど、深刻な症状を引き起こす場合も少なくありません。

  • 無歯顎も安心
  • 部分欠損も安心
  • 難症例も安心
  • 健康な歯はそのまま

総入れ歯の場合、顎の骨と直接関わる歯が存在しなくなります。
こうした状況が長く続くと骨は痩せてしまい入れ歯自体の形が合わなくなります。合っていない入れ歯を利用し続けると痛みなどを感じる場合があります。入れ歯自体が外れてしまうという事もありますから日常生活にも影響が出てくる可能性があります。
また、噛む力の衰えや言葉の発音が難しくなるといった欠点もあります。

部分入れ歯の場合は、バネによって隣の歯の負担が大きくなってしまい、健康だったはずの歯も治療をしなければならなくなるケースが多くあります。
取り外して手入れをする必要もありますし、ガタつきやすくなり、食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすくなるということもあります。

これらの入れ歯による悩みの大部分はインプラント治療で解決する事ができるのです。
インプラント治療は必ずお悩みの患者様に効果的な方法とは言い切れませんが、お悩みを解決できる可能性は十分にあると確信しています。
顎の骨の状況や歯周病などの口の中の状況を総合的に判断しインプラント治療をすべきかどうか判断をします。

6 reason to love ITDC

アイ・ティー
デンタル
クリニック

患者様のお話をよく聞き、最大限に希望に沿った治療をするために、最新の治療を取り入れることにより、患者様の希望する治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。

1

980年より「アイ・ティー・デンタルクリニック」は欠損補綴に対しインプラントを使用しはじめました。インプラントの治療法は、その高い成功率を獲得でき、長い使用が可能になり、今や、どの歯科医院でもインプラントの看板を掲げていますので、インプラント手術を受けることは簡単になりました。しかし、患者さまが満足できる治療をしてくれる歯科医院を探すのは難しいのではないでしょうか?
「満足」と一言で言っても、「安ければよい」という人もいれば、「安心・確実」な治療をして欲しいという人もいらっしゃいます。
費用面に関しての情報はホームページや医院に問い合わせればわかる部分ですが、安心・確実に関しての情報は、一般の患者様には判断することはなかなか難しいかと思います。
千葉県袖ケ浦市の歯医者「アイ・ティー・デンタルクリニック」では、安全・安心で的確なインプラント治療を行うことを大切にしています。
世界基準の最新で最高の治療を提供できるよう、いろいろなインプラントの準備をし、最適なマテリアルを最適の方法で患者様に施術し、患者様が満足していただけるように、最大限の努力と研鑽を続けてまいります。
当院の治療方針・取り組みなどをご紹介します。

インプラント専門チーム医療
高度な技術を持った専門家集団

患者様のお口の治療を担当する歯科医師、歯科医師のアシストと口腔内のケアを担当する歯科衛生士、そして詰め物・被せ物や入れ歯などを作製する歯科技工士。
アイ・ティー・デンタルクリニックのインプラント治療は、こうした様々な専門家が協力し合って行っています。

インプラント専門医
千葉県で7人

日本口腔インプラント学会のインプラント専門医・指導医の資格は、取得することだけではなく、資格を持ち続けるためにも、日々の努力が必要となります。自らの知識を増やし、よりよい治療を心掛けている歯科医師が持つ資格であるため、医院を選ぶ際の判断材料の一つとなります。

インプラント専用オペ室
専門医としての最低限のマナー

通常の歯科治療のスペースとは別に完全に隔離された清潔なインプラント専用オペ室があることで、外科的処置を清潔な環境下で行うことができます。オペ台や無影手術燈、生体情報モニターなどの設備があり、万全の環境と滅菌レベルを維持し、高度なインプラント治療を提供しています。

痛みとストレスの少ない治療
安心・安全で快適に

切開、剥離、縫合といった基本的な手技はとても重要で、こういった技術を日々積み重ねることで腫れや痛みを抑え、良好な結果へとつながります。また、日本歯科麻酔学会認定の専門医が、静脈内鎮静法や痛みの少ない麻酔を行うことで、術前・術中・術後の痛みが少なし抑えることが可能です。

世界標準の設備
精密で確実な治療を

世界レベルのインプラント治療を提供するため、歯科用CTやマイクロスコープ、手術用無影灯、滅菌環境など、最新の医療設備を導入し、安全な院内体制を整えています。また、最先端の3D光学カメラやCAD/CAMシステムを備え、歯科技工においても様々な症例をスピーディーに対応することが可能です。

徹底した衛生管理
「どこも一緒」ではありません

手術で使用する数々の外科器具は、世界で最も厳しいヨーロッパ基準である、クラスBのオートクレーブにて、完全滅菌を行い、現在の滅菌技術ではこれ以上はないという高レベルの滅菌をおこなっています。その他の手術で使用する白衣や布は完全滅菌された使い捨てのものを使用しています。

アイ・ティー
デンタル
クリニック

患者様のお話をよく聞き、最大限に希望に沿った治療をするために、最新の治療を取り入れることにより、患者様の希望する治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。

Entrance

Waiting Room

Patio

Counseling Room

Esthetic Room

Ope room

充実した人生のために

咀嚼機能がQOL の向上へ関与しているというデータもあり、「よくかめること」は、日常活動、全身的な健康、心の健康に重要なため、歯単体の話ではなく、咀嚼する「機能」を維持することが重要視されはじめています。
2006年の介護保険法の改正に伴い、介護予防のための新規サービスとして『口腔機能の向上』が加えられ、厚生労働省では口腔機能の向上のためのマニュアルも提案され、その重要性がクローズアップされるようになりました。

残っている歯が、20本を下回っていると咀嚼機能が著しく低下し、適切な栄養摂取の障害になりうると疫学調査の報告でも示されています。
1本の奥歯の噛む力は、人の体重ぐらいの力で、それが長い間続くと、肩こり・腰痛だけでなく、神経性の病気や内分泌異常などの不定愁訴の原因にもなります。

現在の日本は、歯がない、あるいはうまく噛めない老人が増加し、摂食できない、口腔が乾燥しうまく飲み込めない(嚥下障害)などが問題になっています。このように、少子高齢化と介護が世界一長寿国日本が直面している課題です。
よく噛むと顎の筋肉を介して刺激が脳や耳に伝わり、記憶や視力に影響しその老化を遅らせます。また、ゆっくり噛むことで満腹中枢が刺激され食事量が減少し、体脂肪が分解され、ダイエットやメタボリックシンドロームの予防になり、唾液の分泌の促進が活性酸素を抑制し、アンチエイジングや美容効果、がんの予防にもなります。

単に健康な歯をめざすのではなく、口腔機能を維持させるために健康な口腔、そして全身的にも精神的にも良好な真の「健康」を目指し、健康寿命を大きく延ばしていきたいものです。

歯を失うということ

日本人は健康で長寿の国です。しかし、歯への意識が非常に低い国でもあります。歯への意識の低さがアナタの人生にとって、様々な影響を与えてしまうことがあります。

歯の機能が衰えた場合

近年、柔らかいものばかり食べるようになり、現代人は歯や顎の強さが低下しています。よく噛んで食べるという事が重要だとよく言われますが、消化を助ける以外に、脳への刺激を増やすという効果があります。

歯が失われた状態

歯を一本無くすごとに認知症になる確率が増えていきます。しかし歯を抜いて、そのまま放置しておくのではなく、インプラント治療や入れ歯をすることによって、脳に刺激が伝わる状態になれます。

歯と脳

私たちが歯で食べ物を噛み砕く時に、その振動が脳に伝わります。また歯根膜から神経を経由して脳に伝わります。それらが刺激となって脳の血流量が増加し、脳の働きが活性化されます。

認知症と歯

寝たきりになる原因第2位の認知症。この認知症についても、歯との関係について様々な報告があります。健康な歯が多いこと、むし歯になっても治療していることで認知症になりにくいと分かってきたのです。

認知症と口腔環境

認知症になってしまうと、自分で歯磨きをする事もできなくなります。歯磨きができなくなると、口腔環境が悪化し、さらに認知症を悪化させてしまうという悪循環に陥る前に、早期の治療を行う必要性が高いです。

歯が失われた場合の治療法

健康寿命という観点で考えますと、やはり一番適しているのはインプラント治療。インプラント治療は骨結合をしているため、衝撃と振動が脳にしっかりと伝わります。そのまま放置しておくことはとても危険です。

わたしがわたしであるために

65歳以上の高齢者のうち、認知症の人は推計15%で、2012年時点で約462万人に上ることが厚生労働省研究班(代表者 朝田隆筑波大教授)の調査で分かりました。認知症になる可能性がある軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計。65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”となります。
有病率は、年代別にみると、74歳までは10%以下だが、85歳以上で40%超にものぼります。
また、世界の認知症の患者数は今後数十年で爆発的に増加し、2050年までに現在の約3倍に達する可能性があるとの報告が、国際アルツハイマー病協会(Alzheimer’s Disease International、ADI)から発表されました。
ADIの報告書によると、認知症の患者数はすでに約4400万人に達しているそうで、世界の認知症患者数の約1割が日本人なのです。
認知症にならないため、認知症の進行を抑制するため、なにより健康寿命を延ばすためにも、口腔環境を正しく整える事が重要です。
インプラント治療を行う理由として、審美性、入れ歯は煩わしい、しっかり噛めない、異物感が我慢できない、格好悪い、発音の問題、様々な理由がありますが、私が歯科医師として、インプラントを進める一番の理由は、健康寿命を長くするためです。
しっかり咬めない方は、柔らかい食べ物を噛まずに、飲み込む傾向が高まり、メタボリックシンドロームとなり、成人病へと進みます。歯の本数が少ない人ほど、肥満の傾向が強いです。
また、バランスよく噛めなければ、肩こり、頭痛、姿勢が悪くなり、骨折・転倒しやすくなり、誤嚥からくる誤嚥性肺炎になることもあります。
さらに、医療費に関しても、歯の数が多い人は、歯の数の少ない人よリー般医療費が低いと言われております。要するに、「歯が多く残っている人は、健康であまり病院にかからない」ということです。

tag3
臨床研修施設

当院は「厚生労働省認定」
「東京歯科大学」臨床研修施設です。
「経験年数」 「技術」 「設備」など国に認められた
数%のクリニックだけが認定されます。

A health body starts with a healthy mouth

アイ・ティー・デンタルクリニックは、
患者様が安心して治療に専念して頂けるように、
開放感ある明るい空間作りに努めております。
そして、お越し頂くことで歯の治療はもとより心身ともに寛ぎ、
元気を取り戻して頂けるような診療施設を目指しております。

日・祝日
9:00~12:00休診日
14:00~18:00
~17:00

休診日

患者様のお話をよく聞き、最大限に希望に沿った治療をするために、最新の治療を取り入れることにより、患者様の希望する治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。

Phone: 0438-63-7458
Map: 地図はこちら
Email: contact_form@it-dental.or.jp
Website: http://it-dental.net/

Dental-Services
予防歯科
歯周病治療
インプラント
審美歯科
矯正治療
clinic information

〒299-0261
千葉県袖ヶ浦市福王台2-13-5

© Copyright 2017 IT DENTAL CLINIC.